teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:44/103 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

キャンパス建設ラッシュ

 投稿者:Palace Bakery  投稿日:2005年12月 2日(金)15時42分33秒
  通報
  初めて投稿いたします。claass2003のAAA卒業したものです。今もユージーンに居残ってます。このページの少し前の投稿にオレゴン大の建設ラッシュについて触れられていたの、建築に携わるものとして、また、現地に居残るものとして、後日談をお話ししましょう。。。
1。増築して間もない付属美術館。。。既存のエントランス部分はそのまま取り残された感じです。今まで展示ブースだった30フィート四方の空間は、コート掛けになっています。多分世界で一番大きなコート掛け専用の空間でしょうね。。鯉の泳ぐコートヤードはかろうじて残りましたが、増設された部分からは隔絶された感があります。
2。 新規学生寮(Live Learning Centre)は、安全主義の固まりのようなデザインです。今までの学生寮は、コンクリートブロック造で、エネルギーに満ちた学生が多少乱暴になってもびくともしない建物でしたが、新規学生寮は、コスト削減の名の下、ほとんどの壁が石工ボードでできているようです。。フレッシュマンのための専用寮で、勉強会が開けたり、興味ある分野ごとに部屋分けをしていくなど、わくわくするような内容盛りだくさんですが、外身は単なる「昔を想像させる」なんちゃってレンガ造り。。。嘘ついては行けません。。
なんちゃってレンガ造りは新しいLaw Schoolもそうだし、Lilis Hall(new Business School)もそうだし、、大学建築物という固定概念を捨てきれていないんですね。。。
今後はMusic Schoolが増設する予定です。これについてはもう少し詳しくわかり次第ご連絡。。。
最後に、最近大学当局が「突然」アナウンスしたWestmoreland family residenceの売り出しには、すんでいる学生を困惑させたばかりか、ほとんどの教職員すら知らずに事が進んでいたというちょっとsketchyな内容です。
ま、非営利団体のSt. DePaulが購入し、既存の建物をそのまま生かして、低所得者用の住居としたいと申し出ているので、住宅バブルに浮かれている不動産業者や開発業者に売り渡されることは避けられそうですが、なんとも大学当局の今回のアナウンスは本当に驚きでした。
 
 
》記事一覧表示

新着順:44/103 《前のページ | 次のページ》
/103